禁煙外来

診療メニュー

エスエス内科循環器クリニック携帯サイト

患者の気持ち

「禁煙しよう」と決めたら、禁煙指導を行う当院へまずはご相談下さい。

タバコに対する「心理的依存(習慣)」、イライラなどの離脱症状(禁断症状)を起こす「ニコチン依存」は、医師やお薬の力を借りなければ、なかなか克服できるものではありません。

当院では身体・精神的にサポートし、禁煙できるようにアドバイスを含め二人三脚の禁煙治療を行っています。

禁煙治療の流れ

禁煙治療ではおよそこのような流れで治療が実施されます  (以下は保険治療の一例)

初回

初診時の問診では、治療法の説明の他、ニコチン依存度、喫煙の状況、禁煙の関心度などがチェックされます。
また、呼気中(吐き出す息)の一酸化炭素濃度の測定、禁煙開始日の決定と「禁煙誓約書」へのサイン、次回診察日の決定を行い、治療のための禁煙補助薬の処方を受けます。

2回目

初回から2週目に再診し、喫煙状況の問診を受けます。
呼気中の一酸化炭素の測定を行い、禁煙補助薬の追加処方を受けます。

3回目、4回目

4週目、8週目の再診でも、呼気中の一酸化炭素の測定とともに、出現した離脱症状の確認や対処法などのカウンセリングや治療を受けます。

5回目

12週目の再診が最終回、治療終了です。
禁煙に成功していれば、そのまま禁煙を継続するためのコツを理解します。

保険で認められている通院回数は、初診を含めて計5回、期間は約3か月です。

禁煙治療が保険適用となる条件

ニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(TDS)にてニコチン依存症と診断され、1日の喫煙本数に喫煙年数を乗じた数(ブリンクマン指数)が200以上であること等の要件を満たす方は保険適用での治療が可能です。

薬局での薬剤費についても同様に保険が適用されます。

禁煙治療の方法

禁煙治療の方法

最近、喫煙は「ニコチン依存症」という病気であるとの判断により、保険診療で禁煙補助剤を用いて治療を行うことができるようになりました。

治療方法としてニコチン補充療法(ニコチンガム、ニコチンパップ剤等)が主体でしたが、最近新たにチャンピックスという経口剤が使用できるようになりました。

ご希望の方には処方致しますのでご相談ください。

ページトップへ